共鳴のにまだスーパーコピールイヴィトンの設計ように引き起こすことができます

みんなすべて彼女を認めるのではありません。スーパーコピールイヴィトンは1957年に死んでも心臓病がで、しかし彼のブランドは若いイブにありますか?聖人のローランドの手は引き続き盛んに発展して、同時に、Pealですか?朱色アンドレを押さえますとですか?生きる珍しい源(1961年の創建の自分でのブランドの前にずっとバレンシアガの仕事のため)も彼らの斬新な現代主義の風格のため尊重を受けます。でも、共鳴のにまだスーパーコピールイヴィトンの設計ように引き起こすことができて、その中の―は気にかけないで荘重な下がますらおぶりの服装の風格に見える、同時にまた作者の女性を維持していて溶けます考え。
彼女が20年代も霊感のため西の賢い公爵の服装の元素をくみ取っのでことがある、ブランドスーパーコピー彼前にまた(まだ)柏の男の子のをまさに押さえて、はブランドコピーが思いどおりになって中性の風格のために感性の装飾を足したのを借りたことがあるようだます。これは女性主義が流行しないではありません――それは甚だしきに至っては流行ではなくて、それが堅持していて同じ流れを汲むためです――しかし自由にふるまう釈放を持っています。"服装の優雅なのは行動する自由にあります。”これはシャネルのレディースが常に口もとの1座右の銘で掛けるのです。ブランドコピーはこの哲学を実際に彼女のすばらしいアウターに着いた上に運用します。シルクの内張り、すそのがつなぐにつきあって1本の細い鎖を縫いを縫って、完璧なつりあいを作って垂れるのと感にぶら下がりに来ます。ルイヴィトンコピーは世界の第8大奇跡です

发表留言

秘密留言